宮本武蔵

宮本武蔵は天正12年(1584)に生まれました。13歳で新当流の有馬喜兵衛に打勝って以来、28、9歳までの間に60余度の勝負をして一度も敗れなかったといいます。その後さらに、剣理を追及して兵法の深奥を極め、二天一流を創始しました。武蔵が熊本に来たのは、寛永17年、57歳の頃。三百石の客分待遇で、千葉城跡に居宅を与えられ、細川忠利につかえました。以後、正保2年(1645)初夏に歿するまでの晩年5年間を熊本で過ごし、この間に「兵法三十五箇条」「五輪書」などを著し、また、茶・禅・書画三昧の日々を送りました。武蔵は秀れた画人でもありました。自在な中に鋭い気迫を伝える彼の遺作は、日本水墨画史上に独自な位置を占めています。

(島田美術館HPより抜粋)

宮本武蔵のことをさらに知るなら
宮本武蔵五輪書
島田美術館